癒着しない?

癒着しない?

豊胸手術を受けるうえで、皆さんが気になるのは、脂肪吸引した脂肪を豊胸手術で使うと脂肪が固まってしまわないか、しこりにならないか、石灰化、壊死の可能性はないのか、ということ。

 

 

 

また、もしインプラントをする場合は、シリコンバックが癒着して、もし取り出そうとしても摘出が困難というケースはないかということです。いまは、脂肪注入の場合のリスクはかなり軽減されていますし、シリコンバックの癒着は体の働きとしてはふつうなので、その後、取り出すときも、今の技術では問題なく摘出することができます。

 

 

 

もちろん頻繁に出し入れなどはしない方がいいし、体にリスクがあるのは考える必要があります。しかし、以前した豊胸手術よりもっと自然で、よりよい方法があるとなったら、そちらのほうを受けたくなるのは当然ですし、シリコンバックは、どんなに性能がいいものでも、破裂や内部のものが漏れ出す危険性がまったくないとはいいきれないので、体のもともとある脂肪、そしてヒアルロン酸、コラーゲン注入などの豊胸手術に切り替える方がいてもおかしくないし、また技術の進歩で、痛みがすくなくなったので、しっかりボリュームをつくるインプラントにチャレンジ、という人もいると思います。

 

 

 

術後の経過をみて、それぞれ、適切な処置をしていくことをおすすめします。手術後の不快感、また再手術のことは、医師とよく相談して、最善の判断をしてくださいね。大事な自分の体のことですから、我慢できないときはその旨伝えてください。