体に負担をかけない

体に負担をかけない

体に負担をかけない美容整形、豊胸手術というのは、いまは沢山考えられています。

 

 

 

豊胸手術をしたいけれども、痛みが心配、術後の悪影響は、そして授乳やマンモグラフィーなどは受けられるのか、など胸という器官が女性の健康、そしてアイディンティティにかかわって来るだけに、かなりデリケートな問題を孕んでいます。

 

 

 

そしてその中で、自分がベストと思う解決法を選び、そうした施術を受けることになりますが、最近はリスク回避で美容整形するにもプチ整形を選ぶ傾向が高くなってきており、その評価もかなり高まっています。いまの技術でいうと一番リスクが少ない方法としては、ヒアルロン酸などを定期的に注入する方法で、しばらくするとヒアルロン酸は自然に体に吸収されてしまうのですが、体にもともとある成分の為に、体へのダメージをあまり考慮しなくてもいいので、安心です。

 

 

 

そして自分の気になる部分の脂肪を吸引して、胸に注入する方法になるでしょうか。これも、自分の脂肪を要らない部分から必要な部分に注入するので、傷口はとっても小さいですし、自然な形で胸を大きくすることができます。痛みの方は、胸のほうはさほどでもないですが、むしろ脂肪を吸引したもも、お尻のほうが痛みを感じることがあるようです。

 

 

 

そして最後に、やはり大きなバストを実現したい場合は、インプラント、バック挿入法があって、これもより自然にしあげるために、バックも色々工夫されています。大胸筋の下にいれるのがもっとも自然ですが、痛みが強いので、乳腺の下に入れることがもっともポピュラーです。